COLUMN

BIJOUX-TOKYO "B"

March 8, 2018

3月に突入し、温かな空気に満たされています。春の兆しを感じるのは、とても幸せな気持ちになります。BIJOUXっこの楽しみな企画、BIJOUX-TOKYO。早いもので今年7回目を迎えます。
テーマは”B”。

3つのBから始まる動詞をつかって、桜の移ろいと、人のこころのあり方を表現しました。
“Be.”―わたしはここにいる
冬の間は、桜の木たちは静かにそこにいる。
でも大きな幹、根や枝の先までしっかり生きて世界を見ている
春になるまで見られない自分たちを知りながら
確かに「私はここにいる」

 

LITOのEye Collectionは、「あなたはどこにでもいる」という意味のテーマ名がついており、自分自身を見つめる目―を意味しており、mindfulness(精神性)・present life (今この瞬間を生きること)、good luckなどの象徴だそう。目がらのルビーや、瞳がパープル、グリーンとあり、桜の花を見上げて目に映る情景をイメージして。

“Bloom.”―私を咲かせる
人々に愛でられる春。春が桜を咲かせ、桜が春を色づける。
そして世界は桜のほうを向く
すべてが始まる

 

Loquet Londonの新作はTalisman Collection―特別な「お守り」
バングルやピアスにチャームを足すラグジュアリーなコレクション。オーバルのバングルにパベセッティングされたダイヤモンドがあり、それ自体でも十分なかわいさ………。

“Blow.”―風が私を運ぶ
気温が1度上がり、春のゆるやかで鋭い風が吹く
花びらが方々に散っていく、それは切なさではなく
自分が色めき新しい時間を運ぶのだ

 

桜の咲く前に待ち構えているのも大好きだけれど、途中葉桜が混じりながら飛んでいく風景もとても好きです。寂しいな。もう終わっちゃうという気持ちもあるけれど、新しい季節を運んでくれると想ったら、桜にありがとう。と思える。チェーンが風に揺れる、Sweet Peaのこのコレクション。3つのカラーサファイアがセットされ、まさに花びらのような、ハートのようなデザイン。

すべてのワードを手がけているのがALISON LOUのCustom Wards necklace。わたしはどうしても「Bloom」が欲しくてオーダーしてしまいました。チェーンが長めで、それによりゆるさや、リラックス感が出て本当にかわいいんです。春にぴったり。

そして、スタート日の3月20日はAlison Louの来日イベント!彼女自身、日本は本当にはじめてのよう。フランス人の父と、アメリカ人の母を持ち、それがゆえに、モードでパリシックな面と、エッジが利いた現代的なかわいさを持つ作品が仕上がっているのだなとおもいます。

アリソンがまずこんなに飛び切りかわいいので、早く会いたいですね!BIJOUX-TOKYO。まもなくです。

 

今回はコンセプトとあわせて、3回に分けて店舗で順次スタート。”Be”は丸の内・福岡・大阪・梅田で3月20日~31日まで。”Bloom”は4月5日~10日まで銀座、新宿にて。”Blow”は4月11日~表参道にて。いづれも全ての作品を見ていただけます。またレターネックレスは、9文字以内のお好きなワードでオーダー可能です。シュミレーションも店舗のWEBでみれますので、いろいろ考えて好きな文字でオーダーしてくださいね。わくわくが止らない、素敵な春になりますように。

わたしのBIJOUX BIJOUX!!

もうすぐHalo H.P.FRANCE BIJOUXのオープン

以前から、徐々に告知しているのでご存知かとおもいますが、BIJOUXの姉妹店Halo H.P.FRANCE BIJOUXが、東京ミッドタウン日比谷に3月29日にオープンいたします!今回はVintageというアプローチをしっかりとする店舗として、数年前から徐々に準備に入っていました。一つしかない。という価値に行き着くときに出会うVintageですが、BIJOUXのVintageは、もともとクリエイターのジュエリーを表現していたところから掘り下げているので、モード感や、自分らしく身につけることで逆にその新しさ触れたり、風化しないジュエリーの魅力に共感したり・・というところを大切にしています。少しだけヴィンテージのお洋服なども取り扱いしています。全て海外のマーケットを足をつかって探しに行き、そのとき出会った特別なものたち。是非丸の内や銀座に立ち寄られたら、日比谷まで足を伸ばして遊びにいらしてくださいね。

 
2月の集い

2月は、しょっぱなからのBIJOUXっこ飲み。都内店長と事務所のスタッフみんなで、早くに集合!この日は代々木にあるラム肉のお店。私のラム好きで予約をしたのですが・・ここはお酒もおいしくて安いので、1軒目で早めに出来上がりつつありました。

でも安定の2軒目。バラックのようなところで、半分外半分中のような感じでしたが、どちらも好き勝手みんな話し、ネタはつきませんでした。でもやっぱりみんなBIJOUXっこ、次は何が欲しい?どれ買う?立ち上がり何にした?國吉さん私あれやっぱり買ってもいいですか。などのやりとりも多くて、結局仕事熱心のかわいこたちです。それでも都内店長、気づけば酒豪ぞろいになりました。もちろん、酒飲みが店長の条件ってわけではありません。

さて、翌日は、赤坂で劇団をやっている友人の演劇を見にいきました。芸人のかもめんたる、槙尾くんは大学の後輩。今回も笑った笑った。演劇終わりに赤坂のおいしい薬膳中華で。

紹興酒利き酒セットで楽しみました。

横浜に引越してきて、周りにおいしい飲食がたくさんあって困ります。引っ越し祝いを兼ねてだんなさんとレストランに。いのしし肉を食しました。いのしし肉って冬から春にかけておいしいんですね。赤ワインと一緒に。

そして家の近所のおいしいタイ料理も。私たちの年度は2月で終了。立春も過ぎて、年度が終わる頃。チームみんなの成長や、環境の変化を想いながら、一緒に1年を乗り越えてくれたみんなに感謝の気持ち。毎日、毎年更に、よい日に、良い年度になりますように。

國吉 祐子(くによし ゆうこ)
H.P.FRANCE BIJOUXディレクター
2002年入社。丸の内店のオープニングスタッフ、店長を経て現在全国8店舗あるH.P.FRANCE BIJOUXのオープンに携わりH.P.FRANCE BIJOUXの企画、商品お店作りに従事する。

Home /// Column /// 記事詳細