COLUMN

Hello! Halo H.P.FRANCE BIJOUX

March 31, 2018

3月から4月にかけては、年度末、年度初めの締めくくりとスタートが入り混じる忙しい季節ですね。じわじわと気づけば気温も上昇し、少しずつ洋服が軽やかになっていきますね。私はせっかちなのでついつい早くに素足になったり、コートを着ないで出かけたりと夜の冷たさに大失敗を繰り返し。それでも今日はずっと暖かいはず。と念じながら着たいお洋服に袖を通します。そんな大好きな季節に、生まれて初めてスタートするHalo H.P.FRANCE BIJOUXがオープン!

 

お店はミッドタウン日比谷1Fのエントランス真正面の素敵な立地。お店のコンセプトはBIJOUXの森を抜けた場所。木々の木漏れ日が差し、森の記憶を辿って、鏡やエントランスに葉をイメージしたデコレーションを施し、どこか懐かしいBIJOUXぽさと、新鮮な空間をイメージしています。

ロンドン発のANNINA VOGELが本格上陸。以前BIJOUXでも展開したことがあったのですが、長きにわたってラブコールしていたのでまたご紹介できるのが何より幸せです。19世紀のヴィクトリアンチャームをリメイクし、モード感、ヴィンテージ感、そしてロマンチックさとシャープさ。ブリティッシュなコレクションは圧巻。

 

ひとつひとつのチャームの意味や、時代を経てここにある意味などを考えるとどのジュエリーもとても特別に感じられます。私は昔からANNINAの馬蹄のネックレスを愛用していますが、重ね付けにとても便利。この間買ったばかりのBloomネックレスとも相性抜群。

そして、棚にはヴィンテージのベルトなども。ロンドンオフィスのスタッフが1年間コツコツマーケットに足しげく通い出会ったジュエリーや小物、また私やバイヤーが出張の折にタイトな日程で見つけられたものたちなど。個人的にはこのYSLのテキスタイルのベルトシリーズは絶対に買いだなとおもいます。

Miriam Haskell Vintageも。今は結構そろっていますよ。特にパールのコレクションは世界的にもコレクターが多く、入手困難で年々価格が高騰している事情もあるので、よいコンディションの着けやすいデザインや、セットで残っているものを見つけるとその日のバイイングの幸先のよさを感じるのです。

ヴィンテージの本や、お洋服なども。豊富なバリエーションというより、本当にご紹介したいものを丁寧にそろえています。ひとつしかないので、是非お早めにお越しくださいませ。近所に丸の内、銀座もあり、気候のよいこの時期のお散歩にお出かけくださいませ。

わたしのBIJOUX BIJOUX!!

Bloom「咲かせる」ということとBIJOUXっこ。

最近「365日のコピー」という本を買って時々思い出したようにその日のコピーをチェックします。コピーって深いですよね。3月27日のこのコピーに感銘をうけて、翌日の朝店長や本部のスタッフのライングループに送りました。「見事なサクラであればあるほど、長い冬の時間、耐えてきたことを思うのでした。」(「そうだ京都いこう。/ 東海旅客鉄道」)この日は、日比谷のプレオープン、そして梅田店の改装オープンの日でした。いつもどこでもスポットが当たるわけではなく、それは順番にやってくるとおもいます。Be-Bloom-Blow。咲いていない時間も、咲いている瞬間も大切にしたいですね。それを分かち合える、いつもみんなに感謝でいっぱいです。そして、1年前銀座のオープンを控えた店長白木ちゃんとサクラ祈願に来た千鳥が淵。銀座は4月6日に1周年。あっというまの1年、素敵な周年になりますように。

 
サクラが咲くと動き出す……

3月上旬はパリの出張、シベリアからの寒波で日々マイナスの世界でしたが、帰国後すぐに暖かくなり、本当に日本の春って最高。引越しをしたので自転車を買って、近所をサイクリングしました。あ、私ちゃんと自転車乗れますよ。スタッフに自転車のイメージ湧かない。といわれたのですが。立ちこぎもしますし、すごいスピードで走りますよ。念のため。

 

野毛周辺の川沿いを走り、野毛山動物園へ。動物園が無料ってすごいですね。動物園大好きで、キリンが本気でサクラを食べようとしていたのですが。これって合ってるんでしょうか。でも楽しそうでした、キリンも。

使わない筋肉を使って自転車をこいでいたので、ああ疲れたな。とクラフトビール。おやつビールのおいしさ、これぞ春ですね。

そしてうなぎを食べに行きました。あたたかくなったらうなぎを食べたい。とおもっていたので、いろいろなうれしさとおいしさ。

馬車道まで自転車で行くと、昔大学時代に通ったレコードやさんがあります。最近またそれによりCDではなくレコードを聴きはじめました。レコードのジャケットってとても好き。ジャケ買いなんて最近していなかったけれど、気分でSmokey RobinsonのSmokeyを購入。春の夜に軽やかで気楽な70s ソウル。いいお買い物できました。

さて、恒例のBIJOUX花見の時期の飲み会。前回の吉野ちゃんのコラム写真にお客様から心配の声があったとのことで、本人からもっとかわいく載せてくださいよ!とのリクエストを受けて、やまもってぃと。ご心配をおかけしたお客様、ご安心ください。かわいく掲載できました。

二軒目。夜更けまでふざけた飲み会は続くのでした………。今年も素敵な1年になりますように。新しい店舗も増えたBIJOUXを今後もよろしくお願いします。

國吉 祐子(くによし ゆうこ)
H.P.FRANCE BIJOUXディレクター
2002年入社。丸の内店のオープニングスタッフ、店長を経て現在全国8店舗あるH.P.FRANCE BIJOUXのオープンに携わりH.P.FRANCE BIJOUXの企画、商品お店作りに従事する。

Home /// Column /// 記事詳細