COLUMN

今年を楽しく過ごせるジュエリー

皆様、あけましておめでとうございます。2019年になりましたね。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。私は相変わらずずっと飲み続けておりましたが、年末は大掃除が大変すぎました。引っ越して初めての大掃除なので、封印していた引き出しや棚の中などの片付けであっという間に時間が経ってしまい・・・。いつ完璧になるのやら。ま、そんなこんなで新しい年を迎えられたのですが、やはり毎日を楽しめるジュエリーが、一番ですよね。

年始といえばCarolina Bucciの受注会、本日まで絶賛丸の内で実施中でございます。今回はForte Beadsのローンチもあり、この原色の元気なカラートーン、新年にふさわしいですよね。

新しいパッケージにはCarolina Bucciが大切にするフローレンスの風景や、親族とのつながりを意味する楕円のロロチェーン、ブランド立ち上げ当初からのミツバチなど、ブルーの水彩画で美しく、そしてかわいく描かれています。

色ごとに天然石のカラービーズが入っており、ゴールドのネックレスの紐や、ブレスレットの紐2本もセットされたキットになっています。自分で作る楽しさがこのデザインの魅力でもあります。

こんな風に、文字のチャームを追加して徐々に発展させていくのもこれからの楽しみですね。遊び心がたくさんで、活動的な洋服にもぴったりのForte Beadsコレクション。じわじわと広がってゆきそうな気配です。

そんな私は、Carolina Bucciの原点であるミサンガに再注目。以前のコラボの「X」チャームのついたミサンガを一本もっていたのですが、急にブレスレットのようにボリューム感を出してつけたいなと思って、チャームと、もう一本のミサンガをオーダー。

なんというかわいさでしょうか。チャームはネックレスチェーンに通して、ペンダントトップとしても使うことができます。いろいろ楽しもうと思います。

ロロのパーツはピンクサファイアがセッティングされたものもあります。私があこがれるWovenの星のブレスレット。エレガントだけれどちょっとパンキッシュで、本当に元気の出るデザイン。Carolina Bucciの力強さに惹きこまれます。

さて、受注会は丸の内のあと12日から大阪店と福岡店へ、そして19日から新宿店、そして26日から銀座店へと巡回してゆきます。Forte Beadsの本物のかわいさと合わせて、多彩なコレクションが揃いますので、是非お楽しみに!

私のBIJOUX BIJOUX!!

新年の挨拶

年末年始はゆっくり過ごす方が多いと思いますが、やはりお店は年末最後まで営業をしており、年始もすぐにスタートします。(表参道ヒルズは元旦から・・)世間が休んでいるときに働いてくれるスタッフに感謝しかないという思いです。年始の挨拶まわりを都内はいつもしているのですが気づけば東京5店舗に、簡単に回れないくらいのボリュームになりました。

世間は、元旦営業を止める風潮が高まっていますよね。実際わたしもそれにはちょっと賛成です。ぴたっとお店がやっていない日があってもいいなと便利で常に動くこの日々を感じながら思ったりします。元旦は、お参りに行った後、ヘパリーゼをコンビニで買うので、コンビ二はやっているとありがたいのですが・・。

年が始まったときは・・

年が始まり、乾杯するや否や気づけば、日常に徐々に戻ってゆきますね。それでも家族で御節をつまんだり、初詣しておみくじを引いたり、夜遅くまでバラエティ番組を見たり・・やっぱり日本の年越しはこれだなと感じます。ところでセールは行きましたか?わたしは思わずコートとニットをゲット。あったかい洋服をまったく持っていないのでこれで少しは安心して冬が越せそうです。

そんなこんなで、一息ついて行った先はボウリング場。ボウリングって昭和感ありますよね。平成の終わりに昭和感たっぷりなノスタルジックなボウリング場にいきました。ところで、この年で9ポンドの重い玉を走って投げるってなかなかの重労働・・。

ネイルも年始バージョンに変更。実はAlison Louのインスタグラムでかわいいネイルをみて、ちょっとアレンジを加えてもらっちゃいました。このネイルでひとりじわじわ盛り上がりたいと思います。

すべりこみでようやくいけた「メアリーの総て」。

大人ガーリーの代表格、エル・ファニング主演の映画。1800年代のイギリスの衣装や、表現豊かな言葉の数々が印象的。とても素敵な映画でした。

映画を見た後、馬車道のスタバでパソコンを持ち込み終日仕事。その後、蕎麦やでひとりごはん。この利休庵はとても歴史長い素敵な蕎麦や。このお任せ5品とビールで、ひとり新年会。ちょうどオーナーの方がお得意さんにご挨拶をされている素敵な風景も。やはりオーナーさんがお店に出た瞬間となにか空気が変わりますね。素敵な緊張感とお客様の満足そうな笑顔、いろいろなところに、ヒントがあったよい休日でした。今年もみなさまよろしくお願いいたします。

國吉 祐子(くによし ゆうこ)
H.P.FRANCE BIJOUXディレクター
2002年入社。丸の内店のオープニングスタッフ、店長を経て現在全国8店舗あるH.P.FRANCE BIJOUXのオープンに携わりH.P.FRANCE BIJOUXの企画、商品お店作りに従事する。

 

SHARE

Home /// Column /// 記事詳細