COLUMN

HAPPY NEW YEAR
2020.1.8

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

2019年が終わり、2020年に。東京オリンピックもあり、にぎやかな年になりそうですね。

とはいえ、オリンピックの東京がどうなっていくのか・・交通機関なども含めて若干不安が・・。もはやこの時期夏休みをとって海外にいこうかなとかふんわり考えております。

1月といえばCAROLINA BUCCI (キャロリーナ・ブッチ)FORTE BEADSの新色、シックであわせやすいカラーのMOON-BOWが登場。

FORTE BEADSのFORTEって、楽譜のフォルテの「強く」とかの意味ではなく、フォルテ・デ・マルミという美しいトスカーナのビーチのフォルテから。

彼女のブティックでは、ジャーに入れて好きにお客様がカスタマイズできるようコーナー展開されています。私たちも徐々にそのように紹介できるように。と準備中です。

 

キャロリーナが子どものころに家族と夏に海水浴に行ったビーチでもあり、親友とミサンガを交換し合った思い出の場所。そのビーチでのカラフルな風景をかわいいビーズパレットにしたこのコレクション。

BIJOUXカラーもブレスレットで登場。

自らフォルテビーズを愛用するバイヤー町田さんがつくったカラートーンは右側のこのようなヌードカラー。しっとりしていてとってもあわせやすいBIJOUXぽいカラーになっています。さすが町田さん。

 

「くにはキャロリーナらしいターコイズブルー系でつくってみたら?」という町田さんからの提案のような、お題に対して、クリスマス前に必死に内職した力作です。どうにもまわりの人からは忙しいのにビーズで遊んでいる人のように見られておりましたが。

ポイントはブルー系のコントラストの中に、イエローを2粒入れたことでキャロリーナらしいメリハリができたこと。また白とクリアを連続させることで、元気すぎないかわいいバランスができたように思います。ゴールドのボールは2粒くらいをはさんで真ん中に入れるのが腕の細めの方にはお勧めです。

“ALL FOR YOU”という名がついているリボンのリング。この大きさ、スペシャルですよね。リボンの中までフロレンティーナフィニッシュが施されており、ディティールまでキャロリーナのこだわりが表現されています。

キャロリーナのデザインは洗練されたハッピーオーラが魅力的。特にこのリボンのデザインは大胆でかわいい素敵なバランスだと感じます。

WOVEN SLIDE RINGは、18Kのワイヤーとシルクが丁寧に編みこまれ、シルクの糸を丁寧に紡ぎ繊細な色を出していることや、まるくてやわらかいラインを出すなど職人さんたちの技術の証を小さくてもしっかりと表現しているデザインともいえます。

着けてもらうとこのようなかわいらしいフォルム。

ピアスもフープのハートなどが登場。ホワイトゴールドがとてもかわいくて、このハートのフープをつけて夏を楽しみたい。と心が動かされます。

大きさや太さなどもインパクトも残しながらかわいらしい。

Carolina Bucci。本当に素敵な人で憧れです。本人の美しさもそうですが、かわいいお子さん2人のお母さんでもあり、ビジネス的なセンスと合わせて、自分の大切にしている子どものころから見てきた風景を守りながらインスピレーションにする温かさとセンス。そんな素敵な女性になれるような気がするジュエリー。

新年に出会えるといいなと思います。

 

さて、1月9日から大阪店にて受注会スタート、丸の内店は1月13日までです。その後も各店を巡回します。

皆様ご来店お待ちしております

私のBIJOUX!! BIJOUX!!

メリークリスマスケーキ!!

THE PRINCE PARK TOWER TOKYOTOKYO HONEY PROJECTのみなさんと素敵なケーキをコラボレーションできた2019。なんとBIJOUXのお菓子の王子、始関さんがお休みの日に予約したケーキを取りに行って、出勤メンバーのために差し入れてくれました。

やさしすぎて一瞬「え?本当に?いいんですか??」という感動を超越した感動・・!!

その日は普通に丸の内に入店していたため、完全にあやかってしまいました。

こんなスペシャルな心遣いに「やったー」と普通に喜ぶ丸の内スタッフにも驚きを隠せませんでしたが、女性はこうではなくてはいけなんでしょうか。

始関さんのお心に甘えてみんなで閉店後クリスマスパーティー

ほんとうにおいしかったです!またこうしたイベントができたら・・。と思っています。

忘年会と新年会の日々

年末は特に後半に忘年会が集中していたので、宴の日々は続きました。

まずは恒例のだんなさんとの忘年会。

ブルガズアダという麻布十番にあるオスマントルコの宮廷料理。この前菜のプレートがおいしすぎて。永遠に飲めます。マダムのサービスも美しい立ち居振る舞いも特別感。

翌日は母からもらったランドマークタワーの展望台に登り360度を一望。近所ですがいったことがなかったので高いところから見ると世界とはまた違って見える気がします。

手のり写真を試みたけれどなかなかうまくいかず。

そして小谷ちゃんの送別会に出かけたのでした。

ああBIJOUXのプリンセス、こたにん。永遠に可憐でかわいい。

みんなからのメッセージを集めて夜なべ仕事をした表参道の店長まんせる。

BIJOUXみんなの愛が溢れてます。

翌日はLOVE会。丸の内で集合してジュエリーを見た後、日比谷のミッドタウンにある喜久やで乾杯。シャンパンと天ぷら最高。天シャンですって。

投資家でもあるコアラさんから年末のプレゼント。いつもは「コアラのお菓子セット冬」なのに。わたしと綾子さんまで投資家にしようとは。寝ながら1億稼げるハウツー、コアラさんは読むまでもなくすべて頭に入っているんですって。すげー。

作者の直筆メッセージつき。「ゆうこりん 人生二度はなし」

はい。かしこまりました。

年が明けて、恒例の母のお節でお正月の乾杯。

そして乾杯、が重なる2020が改めてのスタート。ああ幸せなお酒が止まらない。

そんな今年もノンストップで行きましょう。お酒もBIJOUXも私も。

今年もよろしくお願いいたします!

國吉 祐子(くによし ゆうこ)
H.P.FRANCE BIJOUXディレクター
2002年入社。丸の内店のオープニングスタッフ、店長を経て現在全国8店舗あるH.P.FRANCE BIJOUXのオープンに携わりH.P.FRANCE BIJOUXの企画、商品お店作りに従事する。

Home /// Column /// 記事詳細