COLUMN

春の眠りのなか・・
Sweet Dreams

1月もひとっとびに終わり、2月。日本の2月ってとにかく寒いですよね・・・。
ああ、温かいところへ逃げたい。そんな厳しい寒さから逃れられるのは、春の新作のジュエリー。

生ぬるい風が、素足にとおりぬけるような、待ちに待った暖かな季節を感じさせてくれる、素敵な素敵なコレクションが到着します。一足はやい春を彩ってくれるのは、そう、Sweet Pea

ロンドンのSweet Peaブティックを訪ねると、いつもきれいにすべてのサンプルを並べて私たちを迎えてくれます。誰かを迎えるために丁寧に準備する、そんな温かさと心地よさをいつもSweet Peaのチームから教えてもらいます。

久しぶりのターコイズをつかった“Sweet Dreams”のテーマが登場。Sweet Peaのデザイナー、シボーンがサンフランシスコのベイエリアを散歩していたときに、ヴィンテージショップの店先にかかっていたドリームキャッチャーからインスパイアされたこのコレクション。ちょっとヒッピーテイストで、ラフな感覚の中に、Sweet Peaのフェティッシュなヴィンテージ感を感じさせるコレクション。

こんなリングとブレスレットをつなげた70sのフィーリングたっぷりのデザインも。そのほかアンクレットなどもあったりと、新鮮なアイテムもたくさん。ブルーと一緒にラブラドライトやパイライト、アメジストなどグレーやパープルのカラーストーンも入っていて、何よりそれが大人っぽくノスタルジックな風合いを引き出してくれています。

 

春の眠りの中

遠い地へ旅立つ

うつくしい夢をみる

 

今回のコンセプト。春って眠いですよね。とろんとして、朝もなかなか身体がおきない。そんなうとうとしている時に、鮮やかな色のついた、旅する夢を見たとしたら・・わくわくしませんか。旅する自分の手元や胸元にはどんなジュエリーをつけていますか?こちらは、シボーンがPalm Springに出かけたときにみた砂漠地帯の乾いたかわいい風景からインスピレーションを受けたコレクション”Desert Palms”。ピアスの形が豊富でお勧めです。イエローと薄いグリーンが混ざっているのは、砂漠地帯の砂や石垣、そしてそこに生えていたサボテンなどの風景の色合いをとっているようです。

そしてPreciousコレクションでお勧めなのはこちらのシリーズ。その名もPrecious Maze(迷路)サークルや、スクエアのゴールドが立体的に入り組んだひねりのあるこのデザイン。とにかくピアスが大人ぽく、独創的。

そしてHalo H.P.FRANCE BIJOUXでも2月1日から立ち上がりがスタートしています。何しろほとんどが一点物なので、すべてが新鮮で絶叫もののかわいさです。夜ディスプレイしても、いろいろなものが次から次へと引き出しから出てきて、私ですら情緒不安定になりました・・。そしてBIJOUX全店は6日より一斉立ち上がりです。なんと危険なH.P.FRANCE BIJOUXの春。こんなジュエリーがたくさんそろったお店は日本、いや世界でも珍しいんです。すばらしいコレクションの数々をご覧にいらしてくださいませ。

わたしのBIJOUX!BIJOUX!!
あいちゃんのイラスト

Halo H.P.FRANCEの立ち上がりのDMを描いてくれたのは、以前BIJOUX丸の内のスタッフの鈴木阿以ちゃん。Sweet PeaのSweet DreamsのコレクションからHaloもインスピレーションを共有し、Annina Vogelのターコイズシリーズを中心に新作を展開しています。ドリーミーなターコイズ。Sweet Peaが私たちに送ってくれたドリームキャッチャーをこんな風に描いてくれました。匂いたつような春を感じさせる素敵なイラスト。あいちゃんいつもありがとう。

BIJOUXの集い?あれこれ。

イン福岡。かわいこちゃんたちと飲み会。ああ博多美女たちを撮りもれた・・。このお店の明太子入りの出し巻き卵がおいしいです。はやく福岡にまた行きたい。この写真だけでもすでに飲めそうな私。

このふたり、今年で11年目を迎えた奇跡の10年女神ちゃんです。ああ、吉野ちゃんと小谷ちゃんが10年経つなら、自分の年齢も納得ですね・・。おそらくはプレイだと思いますが、飲み会のたびにコラムの写真をせがむ吉野ちゃん。この写真は「割烹着をきているように見える!悪意があります」といわれたのですが、それは私の撮り方ではないようにおもうのですが・・。みなさんそうですよね?

そんな吉野ちゃんに撮ってもらった花香ちゃんの送別会。そうですよ、送別会・・。花香ちゃん、長年の夢だったワーキングホリデイでロンドンへ。ずっと前から準備していたのですが、この日が来るのはあっという間でした。ロンドンは出張で行くのでむこうでも話そうね。そのときはお仕事も手伝ってよ。と準会員的な送り出し。とはいえお店で花香ちゃんの姿が見れないのはとっても寂しいですがベテラン勢が楽しくカバーしてくれるはず。自分の娘(妹?)の送別のように細かく仕切る始関さんと娘(妹?)の門出を送り出す、動画とりまくりな竹内さんを見て、笑ってしまったのでした。面白いお店ですね。

ところ変わってこちらは池袋にある自由学園明日館。毎年入社式は毎年の採用テーマに合わせて場所を選ぶのですが、今年はSHEROS採用。大正時代に自由教育の象徴としても存在したこの女学校はフランク・ロイド・ライトの建築で重要文化財になっています。冬の朝の日の光が差し込むこのホールの窓を見ながら、知識のつめこみではなく、本当の知性を学んだ若き女子たちは当時の日本の未来を担うSHEROSの卵だったのだろうなと思いました。

そして届いた私の春夏・・。Alison Louのリング。ちょっとやんちゃに親指用にしました。春夏はCarolina BucciとAlisonを買ってしまい、早々と届いているので、これで終わらなそうな私・・・。どこまで行ってしまうのでしょうか。身悶えそうな春が始まりました。新しいシーズンもみなさまどうぞよろしくお願いいたします!

國吉 祐子(くによし ゆうこ)
H.P.FRANCE BIJOUXディレクター
2002年入社。丸の内店のオープニングスタッフ、店長を経て現在全国8店舗あるH.P.FRANCE BIJOUXのオープンに携わりH.P.FRANCE BIJOUXの企画、商品お店作りに従事する。

Home /// Column /// 記事詳細